カードローンを申し込みしたら借り入れ限度額はどうやって決まるの?

カードローン申し込み後の借入限度額決定プロセスに興味ありあませんか。

借入限度額はどうやって決まるのでしょうか。

カードローンの申し込み後、限度額がどのように決定されるのかについて解説します。

・スコアリング審査で決定

借入限度額は申し込んだ後に行われるスコアリング審査で決定されます。

スコアリング審査では、年収、借入社数、借入総額、勤務先情報等からはじき出された与信枠が出力され、この数字の範囲内で借入限度額を決定していきます。

・借り入れ希望額との均衡点

申し込みの際に借入希望額を入力する場合があります。

借入希望額を高額で申し込むと、『借入限度額が希望まで届かなくても近い限度額をくれるのでは?!』と淡い期待をしてしまいますが、そのような事はありません。

借り入れ限度額はスコアリングで概算が決定され、借入希望額と合わせて均衡点が発生します。

借入限度額が10万円と設定された人が100万円を希望しても、借入限度額は増えません。

しかしながら、借入限度額が100万円と設定された人が10万円しか希望していない場合は、「100万円に設定すると金利が安くなりますよ」といって大きな限度額を設定するように誘導します。

借入限度額は審査によって決定されますので、自分で決める事は出来ません。

常に信用状態を良くしておき、借りすぎないようにしていれば自ずと大きな借入限度額を手にできるでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ