在籍確認の審査ででNGになってしまうケースとは?

在籍確認の審査でNGになってしまうケースはかなりレアなケースとされています。

在籍確認の審査でNGになってしまうケースについて考察していきます。

・虚偽の情報を記載してしまった

例えば子会社から出向しているのに、勤務先に親会社と書いてしまっている場合です。

在籍確認の審査でそのことがばれてしまうと、心証が非常に悪くなります。

親会社と子会社では年収がかなり違いますし、この人は自分たちをだまそうとしていると言った印象を持ってしまい、危険なのでNG扱いししてしまうのです。

アリバイ会社を使っていた場合でも同じようにNGになります。

・電話がつながらなかったのは問題ない

例えば何度か電話をしたけれども、席を外したりして電話が取れなかった場合NGになるのかというとそういう事はありません。

在籍確認の審査は1回や2回つながらなかったらNGになる訳ではなく、つながらなかった場合は本人の携帯に連絡がされ、何時なら電話に出る事ができるか確認されます。

電話がつながらなかったから審査NGという心配は必要ありません。

・在籍確認NGはただ事ではない

在籍確認でNGが発生するときは、審査担当者が何か気になる事があった時だけです。

信用情報機関に悪い情報が載っていたり、勤務先に悪い情報がささやかれていたりと考えられる事はありますが、そう簡単には在籍確認NGにはなりません。

在籍確認NGになった時は原因究明を行った方がいいでしょう。

在籍確認NGは滅多に起こりませんが、起こってしまった時は要注意です。

ブラックリストに登録されているかもしれませんので、必ず原因究明を行うようにしてください。

このページの先頭へ